/

太陽電池が持続可能な再生可能エネルギー資源としてさらに普及が促進されるには、コストの削減や変換効率の向上が重要な鍵をにぎっています。これらを実現する次世代太陽電池材料として有望視されているのが、有機無機ハイブリッドペロブスカイトや有機半導体などの光起電材料です。

アサイラム・リサーチ事業部より、腐食メカニズム解明のための 電気化学AFMを解説した新規アプリケーションノートのご紹介 原子間力顕微鏡(AFM)と電気化学セル(EC...

弊社アサイラム・リサーチ事業部より、AFMカンチレバー変位の直接測定を可能にする、干渉計変位計測(IDS)オプションのご案内です。IDSはアサイラム・リサーチ製Cypher AFMの既存の光学系にレーザードップラー振動計を融合させたものです。

アサイラム・リサーチ事業部より、 低価格高性能AFM、MFP-3D-Origin+のご紹介 弊社アサイラム・リサーチ事業部は、新しいMFP-3D Origin+ 原子間力顕微鏡...

アサイラム・リサーチ事業部より、 北海道大学「最先端原子間力顕微鏡」セミナーのご案内 北海道大学にて開催される米国アサイラム・リサーチのDr. Roger...

アサイラム・リサーチ事業部より、光導電性材料の特性評価がユーザのカスタムなしに 実行可能な新製品MFP-3D Infinity AFM向け光起電力計測(PV)オプションのご案内

9月初旬に幕張メッセにてJASIS2017が開催。ブース出展と新技術説明会で参加します。新技術説明会は新製品としてリリースした、超高速原子間力顕微鏡Cypher VRSやCypher用電気化学オプションの詳細情報について紹介いたします。

本セミナーは、アサイラム リサーチから新製品としてリリースした、超高速原子間力顕微鏡Cypher VRSやCypher用電気化学オプションの詳細情報について紹介いたします。また、AFMによる溶液中観察技術を多方面に活用されている外部講師の先生方をお招きいたします。

本セミナーは、アサイラムAFMの最新情報だけでなく、AFMを用いたメカニクス計測の研究で著名な東京工業大学・中嶋健先生のご講演や、クライオミクロトームをはじめとする試料作製技術の紹介を行い、多角的な視点で高分子材料のAFM解析へアプローチすることを目的としております。

このオンラインストアでは、弊社SurfRider™プローブをはじめとして、Olympus®, NanoWorld, Nanosensors™, Rocky Mountain Technology,...

タイトルは「超高速原子間力顕微鏡(AFM)で可能になる新しい研究のチャンス」で、2017年6月8日午前0時(June 7, 2017, 8:00 am...

弊社新製品の高品質低価格プローブHQシリーズは、同じクラスの他のプローブに比べて、より良い結果、再現性が得られ、しかもすべての市販品AFMでご使用いただけます。無料サンプルは probe.asylum.jp@oxinst.comへご依頼ください。