オックスフォード・ インストゥルメンツ社3月15日 ウェビナーとセミナーのお知らせ
2019年3月12日

 


オックスフォード・ インストゥルメンツ社
3月15日 ウェビナーとセミナーのお知らせ

3月のウェビナーとランチョンセミナーをご案内します。

■ 【3/15 ウェビナー】 ウェビナーにぜひご参加ください
■ 【日本金属学会】 ウェビナー放映とランチョンセミナーを開催します
■ 【今後の学会・展示会情報】 日本金属学会 2019年春季(第164回)講演大会
ウェビナーにぜひご参加ください [3月15日]

2019年3月15日 16:00より開催のウェビナーのご登録法をご案内します。

2017年5月に発表した新世代CMOS素子のEBSD検出器「Symmetry」の特長と応用例を日本語の説明を交えてウェビナーでお送りします。ウェビナーへのご参加は事前にご登録が必要です。

[ウェビナー(Webinar)について]
ウェビナー(Webinar)はインターネット上で実施するセミナーです。インターネット環境とデバイスがあればリアルタイムでセミナーを聴講することができます。

[ウェビナー登録方法]
以下のURLにアクセスし、ご所属、お名前、ご連絡先、E-mailアドレスを入力の上、ご登録ください。
https://attendee.gotowebinar.com/register/8151805993711534339

登録後、記載のE-mailアドレスへ当日のアクセス先が記載された招待メールが届きます。

ウェビナーご登録法について、ご不明な点などございましたら、以下へご連絡ください:
na-mail.jp@oxinst.com
 
日本金属学会 2019年春季(第164回)講演大会

ウェビナー動画の紹介とランチョンセミナーを開催します。

日本金属学会 2019年春季(第164回)講演大会
https://jim.or.jp/MEETINGS/2019_spr/index.php
2019年3月20日(水)~3月22日(金)
東京電機大学 東京千住キャンパス (〒120-8551 東京都足立区千住旭町5番)
ウェビナー放映
2019年3月20日(水) 12:00~13:00
展示ブースにて
2018年10月配信のウェビナー「Characterisation of 3D Printed Materials in the Electron Microscope - with Nature」を12時より放映いたします。
同時にインターネット配信も行いますので、事前の会場外でも視聴いただけます。

インターネット配信の聴講には事前登録が必要です。登録法は次回メールにてご案内します。

ランチョンセミナー
2019年3月21日(木) 12:00~13:00

最新型EBSD「Symmetry」の特長をランチョンセミナーでご紹介いたします。今までなかったファイバーカップリングを使って感度を向上させて高速収集に対応できる検出器です。検出器の上下動や衝突防止のセンサーなど最新のメカニズム満載です。
 
今後の学会・展示会情報

各装置の最新情報を各会場で紹介しています。
ぜひお立ち寄りください。

日本顕微鏡学会 第43回 関東支部講演会
http://microscopy.or.jp/kanto/lecture/
2019年3月16日(土)
順天堂大学 本郷・お茶の水キャンパス センチュリータワー
(〒113-0033 東京都文京区本郷2-2-9)

ブース出展です。分析装置のEDS/EBSDを中心に、最新のEDS「AZtecEnergy」とEBSD「AZtecHKL」のパネル展示と応用データをご紹介をします。
 

さらに詳しい情報については以下にお問い合わせください。

分析機器事業部
オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社
〒140-0002 東京都品川区東品川 3-32-42 ISビル
Tel: +81 (0) 3 6732 8967
Fax: +81 (0) 3 6732 8939
Email: na-mail.jp@oxinst.com

オックスフォード・インストゥルメンツ社について

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、研究および産業用アプリケーションに焦点を絞り、ハイテクツールやシステムを設計し、提供およびサポートを行っています。当社の50年以上にわたるイノベーションこそが、成長と成功の背景における原動力であり、その戦略は、タイムリーかつ顧客からのご要望に応える製品を市場に投入することによって、アイデアを商用化することに成功しています。

オックスフォード大学の研究所からスピンアウトし独立を果たした最初のテクノロジー関連企業であるオックスフォード・インストゥルメンツ社の目標は、ナノテクノロジーを中心とした研究および産業分野のための新世代のツールやシステムのリーディングプロバイダーであることです。主要な市場分野は、ナノ加工、ナノ材料が挙げられます。当社の戦略は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーが交差する生命科学分野へと事業を拡大することです。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、低温、高磁場、超高真空環境、核磁気共鳴、X線・電子・レーザー・光学計測、原子間力顕微鏡、光学撮像、さらには先進的な膜成長・成膜およびエッチングプロセスなどの分野で、核となる技術を結集しています。

オックスフォード・インストゥルメンツ社は、科学技術を通じて、責任ある開発と本質を追求することを目指しています。当社の専門知識を有した製品とアイデアは、エネルギー、環境、セキュリティ、保健衛生など地球規模の問題の取り組みに使われています。

© Copyright 2019 Oxford Instruments.

 

物理学会の為、説明員が2人九州大学に行ったのですが、大盛況過ぎて弊社の事業部長の所に列はできてしまうし、もう一人は、お客様を裁く事でいっぱいとなり、写真が撮っている暇が無かったと連絡がありました。 嬉しい悲鳴です。今日は最終日、もしお時間がございましたら、覗いてみてください
11:06 午後 - 16 3 19
さらにTweetを見る