/

オックスフォード・ インストゥルメンツ社 製品セミナーを開催します 5月からのセミナー、学会展示をご案内します。 ■ 【セミナー情報】 [速報] AZtecセミナー2019 ■ 【セミナー情報】...

  オックスフォード・ インストゥルメンツ社 3月15日 ウェビナーとセミナーのお知らせ 3月のウェビナーとランチョンセミナーをご案内します。 ■ 【3/15 ウェビナー】...

2019年2月27日(米国カリフォルニア州サンタバーバラ)アサイラム・リサーチは大型サンプルに対応した200mmステージ型原子間力顕微鏡(SPM/AFM) 『Jupiter XR』を発表しました。スキャナを交換することなく単一スキャナで「超高分解能」「高速イメージング」「広域スキャン」に対応した業界初のAFMです。

オックスフォード・インストゥルメンツ アサイラム・リサーチ事業部から、第66回応用物理学会ランチョンセミナー開催のお知らせです。 ランチョンセミナーではMFP-3Dファミリー、Cypherファミリーに次ぐ全く新しいプラットフォームの原子間力顕微鏡システムについて、紹介いたします。

2017年5月に発表した新世代CMOS素子のEBSD検出器「Symmetry」の特長と応用例を日本語の説明を交えてウェビナーでお送りします。ウェビナーへのご参加は事前にご登録が必要です。

株式会社アルバック(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役執行役員社長:岩下節生、以下「アルバック」)は、Oxford Instruments Plasma Technology 部門(Oxford Instruments Nanotechnology Tools Limited 本社:英国オックスフォード、CEO:Dr. Ian...

当社の環境制御型原子間力顕微鏡(Cypher ES)を用いた研究論文が京都大学より発表されましたので、お知らせします。

このたび、できるだけ多くの日本のお客様にもアサイラム・リサーチの高性能AFMをご活用頂けるよう、MFP-3D OriginおよびCypher Sについて、2019年3月29日までの期間限定でお求めやすい特別価格にてご提供いたします。

AZtecセミナーの日程をお知らせします。X線ライブケミカルイメージングシステムAZtecLiveEDS分析システムとCMOS搭載EBSDシステムを中心にご案内します。新製品「AZtecLive / Ultim Max」、EBSD検出器の新製品「Symmetry」については、英国の開発者を交えて詳しくご紹介いたします。

アサイラムAFMセミナー開催のご案内 「AFMによるエネルギー材料/環境材料への応用 ― 特にその場観察技術について ―」...

弊社アサイラム・リサーチ事業部は、日本時間2018年10月25日深夜0時30分(2018年10月24日8:30 am PDT)より、“軟らかいだけじゃない複雑な物性をもつ生体試料:メカノバイオロジー研究のためのAFM”を題目としたウェビナーを開催いたします。

■ 【ウェビナーのご案内】 ウェビナー10/18 0:00より ■ 【セミナー情報】 [速報] AZtecセミナー2018 秋期 ■ 【今後の学会・展示会情報】 日本顕微鏡学会 第61回 シンポジウム in Toyama、軽金属学会 第135回秋期大会